死体商人
死体商人
多額の借金を抱えてしまい借金返済のために死体を売買する「死体商人」の仕事をさせられてしまう。最初は嫌悪感を示していたが、普通に働いては手に入らないほどの大金が手に入るその仕事に段々と取り憑かれていき…。
この小説を初めから読む
死体商人
著者
貴戸湊太