お手をどうぞ、ダーリン
お手をどうぞ、ダーリン
勇真の幼馴染である譲は身体が弱い。ことあるごとに倒れる、寝込むを繰りかえし、そのたびに勇真が面倒をみていた。それが当たり前になり、「お世話係」と呼ばれることにも慣れきった高校2年生のある日。勇真は突然、譲から「お世話係」解任を告げられる。
この小説を初めから読む
お手をどうぞ、ダーリン
著者
晴一